彫刻向きの天然素材

象牙印鑑イメージ

みなさんは高級感のある印鑑というと、どういう「印鑑」をイメージされますか?
ワタシの祖父は、高級感のある「印鑑」=「象牙印鑑」をイメージする人なんですよお~。
実は「象牙」って、とても彫刻向きの天然の素材なんですって。
みなさん、知ってました~?

しかも古代から、「象牙」が採れると人々は、我先にと「ステッキの柄の部分」から「ビリヤードの球」まで、実に色々なものに作り替えて来たんですって。

「象牙」は精密で繊細な彫刻品には、まさしくもってこいの天然素材なんです。
だって、肌触り・手触りもよく、手によくなじむため、最高級の天然素材として人々から愛用されてきたんですもの。ほお~ら、こんなになめらかな手触りですわ~♪
♪…スリ・スリ…♪ こんななめらかで輝くような光沢感・天然素材独自の手触り…。
すべてにおいて、まるで天国にいるかのような、この上ない満足感を与えて下さいますわよ♪

早速、「象牙印鑑」を作ってみました。
届いた「象牙印鑑」は、とっても朱肉のつきがよくて、捺印した時の印影がとてもキレイになりました。さらにゆっくりと「象牙印鑑」を、用紙からゆっくりと離してみると…朱肉の付き・離れのバランスが一番優秀で、朱肉にとてもよくなじんでいますわ。
ああ、もう、最高の感触ですわ~♪

そうそう、こんなお話聞きましたわ。
「象牙」って人間の歯と同じエナメル質でできていて、乾燥・ひび割れ・虫食いにとても強い耐久性があり、長年にわたる保存・保管に大変向いているんですって。
これからは、「象牙印鑑」で決まりよね♪

ページの先頭へ