印鑑の手彫りが良い点

手彫りイメージ

印鑑を作る際には、印鑑屋さんや職人さんに自分が考えた印鑑のイメージを伝え、職人さんがどうお客さまのオーダーのイメージに近づけていくかが重視されるでしょう。

それでは手彫り印鑑の良い点とは、一体なんでしょうか?手彫り印鑑の良い点とは、同じ文字で手彫りで彫った印鑑を、全て正確にそっくりそのまま模倣することは出来ないという点です。

つまり、手彫り印鑑は、あなただけのオンリーワンの印鑑というだけではなく、頑丈で非常に欠けにくく、かつ偽造されにくい、という理由で重宝されているのです。
職人さんは、手彫り印鑑を彫る時、文字を全部手書きで字入れをしているため、まったくそっくりそのまま同じ印鑑を、2回も作ることはできないのです。

二つ目は、手彫り印鑑は、枠・文字の太さがある程度同じで、不安定な土手ができにくいという点です。
もし機械で印鑑を彫ってしまうと、逆にもたついて遅れが出てしまったり、土手が不安定になってしまいやすいといった欠点があります。

そして機械で彫った印鑑は、大量生産できるという半面、それだけ同じ印鑑が生産されてしまいやすく、これが印鑑の偽造へとつながってしまうこともあるのです。

そして、印鑑は確かに消耗品ではありますが、連続して使用するシャチハタとは使用頻度自体そのものが違うため、手彫りの印鑑を公的な場所で使う時に、常日頃から大事に保管してある手彫りの印鑑なら、偽造されてしまう確率は、確実に低く抑えることが出来るのです。

ページの先頭へ