年賀印と初日印

印鑑イメージ

最近、年賀印と初日印について少し詳しくなりました。
そこで是非、わたしが知ったことをこちらでみなさんにもお伝えしていきたいと思います。

まずはじめに、「年賀印」から。
「年賀印」は、毎年12月15日から12月28日の、年賀はがきの郵便受付期間中に引き受けた郵便物に押印するスタンプなのです。
しかし、官製年賀はがきには、この「年賀印」は、押さないことになっています。
この「年賀印」は、郵政民営化以降の郵便局(郵政事業株式会社)が使っている、郵便局のスタンプとなっているのです。
そうなりますと、郵政民営化以降からは「年賀印」の年号には、基本的に下線の入っていない「年賀印」を使うことになっているのです。
しかし各地の郵便各局でも、「年賀印」を使ってはならないという明確な規則は、現在のところありません。

これまでは、各地の郵便各局の郵便局長の判断で、今までにも数局が年賀印を使っておりました。
平成24年用の年賀印は、まずは小笠原を確認し、小笠原で郵便事業株式会社が消印すると、新東京になってしまいます。
したがって、郵便局の窓口・郵便局前の郵便ポストに投函された郵便物は、小笠原郵便局がまずは消印してから、郵便事業株式会社に、そのまま引き渡しているのが「年賀印」の現状なのです。
その他に平成24年用の年賀は、宝島を確認しています。

「初日印」とは切手・はがきの発行日に使われている消印のことです。
「初日印」は、定例局または切手発表の時に、指定された各地の郵便局で押印されるものです。

ページの先頭へ